1. トップ
  2. データ・資料
  3. 就活を「既に始めている」23卒学生は39.9%、24卒は14.1% =学生就業支援センター調べ=

2021年4月19日

就活を「既に始めている」23卒学生は39.9%、24卒は14.1% =学生就業支援センター調べ=

学生就業支援センターは、22卒~24卒の学生678人を対象に、就職活動のスタート時期と就職活動の内容をアンケートした「就活スタート状況調査」の結果をまとめ、16日に発表した。

それによると、22卒学生に就活をスタートした時期を聞いたところ、「大学1年生から」9.4%、「大学2年生から」36.1%で、大学2年までに45.5%が就活をスタートしていたことが分かった。

また、「就活前半を振り返って大事だと感じたことは?」との設問には、「計画作成・自己分析・ES対策などを早めにやる」という一般的なものの他に、「出来るだけ多くの企業の話を聞く」「業界研究・企業研究を早めにやる」など情報収集の重要性を挙げる声が多数あった。

23卒と24卒学生に、現在の就活の状況を聞いたところ、「既に始めている」と回答した学生は、23卒では39.9%で、24卒では14.1%だった。

自由回答では、「先輩が就活に苦労したと言っていたので早めにスタートした」、「コロナの影響で就活が今から不安。周りも早めに動き出している」、「コロナで生き残る業界がどこか気になっている」などの声が寄せられた。

コロナ禍の影響から就職に対する不安感が強く、就活のスタート時期をさらに早期化している様子が伺える。

この調査は、「学生就業支援センター」に登録している学生を対象に、3月1日~3月14日にかけて、LINEを経由したWEBアンケートという形で実施。有効回答数は678件で、内訳は22卒生(大学3年または修士1年)416人、23卒生(大学2年)198人、24卒生(大学1年)64人。

関連URL

調査結果の詳細

学生就業支援センター

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス