1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. サイエンスグルーヴ、生態系シミュレーター「Virtual ECOSYSTEM」使った授業パッケージ提供開始

2021年6月18日

サイエンスグルーヴ、生態系シミュレーター「Virtual ECOSYSTEM」使った授業パッケージ提供開始

サイエンスグルーヴは14日、生態系シミュレーター「Virtual ECOSYSTEM」を用いた授業パッケージの提供を開始したと発表した。

「Virtual ECOSYSTEM」は高等学校の教科書に記載されている科学的なモデルを「仮想生態系」の中で再現し、ゲーム感覚で生態系を学習することができる。第1弾として生物基礎科目の「植生の遷移」のシミュレーション体験と大学教員による解説授業をパッケージとして開始した。

生態学分野は生物学においてもっとも大きなスケールを扱うため、実験などの実践的教育が難しい分野。そこで、シミュレーションを活用することで、室内に居ながらにして、長期間かけて進行する植生変化を体験できる実験を提案している。価格は、1講義あたり約9万円〜で、講義レベル・内容・金額等は応相談。

同社は、教育用のシミュレーションゲームを開発している九州大学・東京都立大学発のEdTechスタートアップ。

関連URL

「Virtual ECOSYSTEM」

サイエンスグルーヴ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス