1. トップ
  2. データ・資料
  3. 2022年卒の約6割は選考参加者数「10社以下」=学情調べ=

2021年6月29日

2022年卒の約6割は選考参加者数「10社以下」=学情調べ=

学情は、2022年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関するインターネットアンケートで「選考参加」に関する調査を実施し、28日その結果を公表した。

調査は6月4日~6月18日に「あさがくナビ2022」サイト来訪者を対象に行われ、981名から有効回答を得た。それによると、選考参加社数「10社以下」の学生が58.1%を占め、選考に参加する企業を絞り込む傾向が顕著になっていることが分かった。「プレエントリー」は半数以上の学生が「21社以上」実施していることから、プレエントリー後に企業を絞る学生が多いと推察される。

「内々定」を獲得している学生の約6割は「特に入社を希望する企業」には「広報解禁前」から出会っていたと回答しており、早期から接点を持っていたことも明らかとなった。また、「内々定」を獲得している学生の約2割は、「特に入社を希望する企業」とは「6回以上」接点を持っていた。接点を多く持つことで企業理解を深めたいという意向が窺える。

関連URL

学情

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス