1. トップ
  2. データ・資料
  3. 22年卒学生、7月1日時点の就職内定率は80.1%=ディスコ調べ=

2021年7月7日

22年卒学生、7月1日時点の就職内定率は80.1%=ディスコ調べ=

ディスコは6日、2022年3月卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生を含む)1200人を対象に実施した、「7月1日時点での就職活動に関する調査」の結果をまとめ発表した。


それによると、7月1日時点の内定率は80.1%で、前年実績(77.7%)を上回った。ただ、先月は前年同期との差が7.8ポイントあったが、この1カ月間の伸びは鈍く、2.4ポイント差まで縮まった。

7月の内定率としては2年ぶりに8割台を回復したものの、新型コロナの影響がなかった 2020年卒(84.0%)を下回った。

調査時点で就職先を決定して就活を終了した者の割合は全体の63.9%で、複数内定を保留しているなど就職先未決定の者(3.5%)を合わせると、終了者は67.4%。活動継続者は「内定あり」(12.7%)、「内定なし」(19.9%)を合わせて32.6%。

内定保持者を含め就活を継続している学生(全体の32.6%)に、今後の方針・戦略を尋ねたところ、6月調査では「現在選考が進んでいる企業に絞って活動する」が3割を超え最も多かったが、7月は2割台に減少。

代わりに、「新たな企業を探しながら、幅広く持ち駒を広げていく」が大きく増えた(27.7% →36.1%)。選考が思うように進まず、視野を広げて仕切り直そうとする動きが目立つ。

また、就活を通して、自分たちの就職環境をどう捉えているのかを全員に尋ねたところ、「完全に売り手市場だと思う」と「やや売り手市場だと思う」を合わせると24.6%だった。

前年調査(計19.5%)より約5ポイント増えたものの、売り手市場だと感じる学生は限定的。2020年卒以前は5割前後が「売り市場だと思う」と回答しており、コロナ前に比べると厳しさがうかがえる。

この調査は、2022年3月に卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生を含む)を対象に、7月1日~5日にかけて、インターネットを使って実施。回答者数は1200人(文系男子391人、文系女子342人、理系男子337人、理系女子130人)。

関連URL

調査結果の詳細

ディスコ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
校務用パソコンのログインセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 集中力を見える化 質の高い授業へ オンライン授業 e-ラーニング カメラ AI MIRAXIA
  • GIGAスクール端末のお困りごとを解決!!! 24時間365日受付 何かあれば電話一本で! Warranty technology
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス