1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 東京藝術大学×東京大学、ウェビナー「アートはSDGsにどう関われるのか?」配信

2021年7月29日

東京藝術大学×東京大学、ウェビナー「アートはSDGsにどう関われるのか?」配信

東京藝術大学は東京大学グルーバル・コモンズ・センターを招き、無料公開ウェビナー「アートはSDGsにどう関われるのか?」を8月3日に生配信する。

東京大学グルーバル・コモンズ・センター(CGC)は、現代の経済システムの生む巨大な環境負荷が地球温暖化や生物多様性の喪失をもたらし、人類繁栄の共通基盤である地球システムの安定のレジリエンス(自己回復力)を壊しつつある今日の危機に対し、その責任ある管理の確立を目指すべく2020年8月に設立された。CGCは、地球環境の危機を芸術に訴えるとともに、その力を持続可能な地球と世界の実現に活用したいと考え、東京藝術大学にロゴデザインの制作を依頼した。

ウェビナーでは、藝大学生が作成したCGCのロゴデザインを初披露する。また「アートはSDGsにどう関われるのか?」と題して、東京藝術大学から理事・SDGs推進室長の国谷裕子氏と美術学部長の日比野克彦氏、東京大学から前総長の五神真氏、CGCダイレクターの石井菜穂子氏が登壇し、オンライントークイベントを生配信で届ける。無料公開ウェビナーは8月3日(火)11:00~11:50に実施する。

また8月31日まで、東京藝術大学 大学美術館において「SDGs×ARTs展」を開催し、「芸術はSDGsに接続できるのか」について試行錯誤のプロセスなどを展示し、アーティストが当事者として社会課題に取り組んでいる。観覧は無料。

関連URL

ウェビナー配信

「SDGs×ARTs展」

東京藝術大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス