1. トップ
  2. データ・資料
  3. 重いランドセルで小学生の3人に1人が「ランドセル症候群」=フットマーク調べ=

2021年10月28日

重いランドセルで小学生の3人に1人が「ランドセル症候群」=フットマーク調べ=

フットマークは27日、通学にランドセルを利用している小学1~3年生とその保護者1200人を対象に実施した、「ランドセルの重さに関する意識調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、小学生1~3年生の90.5%が「ランドセルが重い」と感じていると回答。保護者の85.8%も「子どもにとってランドセルが重すぎるのではないか」と感じていることが分かった。

ランドセルの重さは平均3.97kgで、3Kg以上ある割合は65.8%。かなり多くの小学生が重いランドセルで通学していることが判明した。

ランドセルが重たいと感じている小学生の中で、2.7人に1人が重い荷物を背負うことが億劫で「登校を嫌がった経験がある」と回答。更に3.1人に1人が通学時に肩や腰・背中など身体の痛みを訴えたことがあることも判明した。

また、46.8%の小学生が「学校で置き勉が禁止されている」と回答。ランドセルだけでなく、副教材などをサブバックで持って登校する割合も92.0%と、かなり多くの荷物を持って登校していることが明らかになった。

長年ランドセルの重さと児童への影響を研究している「たかの整形外科」の髙野勇人院長は、「アメリカの研究では、背負う荷物の重さは一般的に体重の10%が望ましいという研究結果が出ている。小学1~3年生の平均体重は約25kgなので、身体の10%以下と考えると、約2.5kg以下が適切な重さだと言える」とコメント。

更に今回の調査結果から、重すぎるランドセルが原因で通学を嫌がった経験や身体に痛みを訴えた経験がある小学生が一定数いることが判明。

特に通学を嫌がったことがある児童は2.7人に1人おり、大正大学の白土健教授は、「この結果からも小学生の約3人に1人が既に“ランドセル症候群”に陥っていると言えるのではないか」と専門家の視点から見解を述べている。

「ランドセル症候群」は、自分の身体に合わない重さや大きさのランドセルを背負ったまま長時間通学することによるココロとカラダの不調を表す言葉。

具体的には、小さな体で3kg以上の重さがある通学カバンを背負いながら通学することによる筋肉痛や肩こり、腰痛などの身体異常だけではなく、通学自体が憂鬱に感じるなど気持ちの面にまで影響を及ぼす状態をいう。

調査結果の詳細

関連URL

「ランドセル症候群」

フットマーク

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 先生方にもテレワークを! 狭山市導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の安否確認に
  • 使いやすさNo.1の充電保管庫 BYOD予備機にも最適! 早割キャンペーン 詳しくはクリック! lockncharge
  • Microsoft Surface 生徒の学びのためのSurface Laptop SE NEW 税抜2万円台~
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス