1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 北大CoSMOS、ウイングアーク1stのデータ基盤&BIダッシュボードを導入

2021年10月28日

北大CoSMOS、ウイングアーク1stのデータ基盤&BIダッシュボードを導入

ウイングアーク1stは27日、同社のデータ基盤ソリューション「Dr.Sum」とBIダッシュボード「MotionBoard」を、北海道大学技術支援・設備共用コアステーション「CoSMOS」が導入したと発表した。

研究基盤BI TOPボード(サンプルデータを使用)

今回の導入は、持続的な研究成果創出やデータに基づく戦略策定EBPM(エビデンス・ベースド・ポリシー・メイキング)マネジメントサイクルの確立を目指した研究基盤IR(Institutional Research)システムを構築するのが目的。

導入の結果、同大「CoSMOS」では、先端機器全体を俯瞰してそれぞれの利用実績をキャンパスマップ上で把握できるほか、各担当部署がExcelなどで個別に管理していた論文業績、科研費情報など、戦略策定に必要な指標を集約し、研究基盤IRシステムに活用できる仕組みを構築した。

これらのダッシュボードにより、機器利用実績一覧、論文一覧、科研費一覧、登録装置一覧および利用状況などのデータが集約されたほか、部門別の収集割合に対して、使用した装置や発表した論文の数などを把握することができる。

今後、同大「CoSMOS」は、どの論文がどの研究機器を使用しているかといったパラメーターも「Dr.Sum」に実装する予定のほか、学内のさまざまな基幹システムや周辺システムのデータを収集・蓄積し、より多角的な可視化・分析に向けてデータ整備を進めていく。

「CoSMOS」は2021年に設立。同大内の研究基盤に係るデータ収集と分析を行うIR機能を担うことで研究基盤マネジメントサイクルの確立を目指し、学内の共用基盤の抜本的強化を行う「機器共用機能強化プログラム」と、技術職員の全学的な組織化と人材育成体制の整備、活動のための財政的基盤を確立する「研究支援人材育成プログラム」を実施している。

関連URL

北大「CoSMOS」の導入事例の詳細

「CoSMOS」

ウイングアーク1st

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務支援システムの二要素認証ログイン 長野県教育委員会 導入事例 シンプルでわかりやすい! 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の健康管理に
  • BYOD予備機にも最適! 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン実施中 lockncharge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス