1. トップ
  2. データ・資料
  3. 保育者の95.2%が「保育中のヒヤリハット」を経験 =e-CHANNEL調べ=

2021年10月29日

保育者の95.2%が「保育中のヒヤリハット」を経験 =e-CHANNEL調べ=

e-CHANNELは28日、同社の保育者向けWebメディア「ほいくis」(ほいくいず)が、全国の保育者1593人を対象に実施した、「保育現場でのヒヤリハット経験」についてのアンケート調査の結果をまとめ発表した。

それによると、「ヒヤリ・ハットした経験があるか」との質問では、「ある」が1516件(95.2%)、「ない」が77件(4.8%)で、実に95%以上の保育者が「ヒヤリハット経験」していた。では、実際に「どのようなヒヤリハットを経験したのか」を聞いたところ、フリー記述で136件の回答が寄せられ、その中で特に多かったのが「転落」(29件)だった。

滑り台やブランコなど、遊具からの転落はヒヤリハットとして挙げられることがかなり多く、見守り体制の重要さを改めて認識する結果となった。

2番目に多かったのは「保育室/散歩からの抜け出し」(19件)。具体的には、「気付くと保育室内や公園からいなくなっていた」という事例。場合によっては交通事故など重大な事故に繋がる可能性もあり、決して見過ごせないヒヤリハット。

その他にも、「大きな石を拾って急に投げた子がいた」、「枝豆ご飯の枝豆を鼻に入れた」、「おままごとで絵の具のジュースを飲む真似をしていて、ペットボトルのキャップが外れかけた」、「トイレに園児を置き去りにした先生がいた」、「子どもが机をひっくり返した」といったエピソードが寄せられた。

この調査は、Instagramユーザーの保育者を対象に、8月17日に、「ほいくis」の公式Instagramアカウントでアンケートを取る形で実施。「ヒヤリハット経験」の有無を問う質問には1593人、「ヒヤリハットの事例」を聞いたフリーアンサーには136人から回答が寄せられた。

関連URL

調査結果の詳細

「ほいくis」

e-CHANNEL

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
先生方の負担にならない 校務用PCの二要素認証ログイン 指タッチだけで簡単ログイン リモートアクセスも簡単にできる! 詳しくはこちら YubiPlus
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 導入説明会を無償提供
  • 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン 詳しくはクリック! lockncharge
  • Microsoft Surface 生徒の学びのためのSurface Laptop SE NEW 税抜2万円台~
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス