1. トップ
  2. データ・資料
  3. 日本の英語能力、世界112カ国中78位で下位3分の1に転落 =EF調べ=

2021年11月17日

日本の英語能力、世界112カ国中78位で下位3分の1に転落 =EF調べ=

イー・エフ・エデュケーション・ファースト(EF)は16日、世界112カ国・地域の約200万人の英語試験ビッグデータを活用した英語能力のベンチマーク「EF EPI英語能力指数」の最新ランキングを公開した。


同指数は、同社がオンラインで無料公開している英語力測定テスト「EF SET」(エフセット)の前年受験データを元に、非英語圏の国・地域における英語能力を、経年的に計測・追跡するベンチマークとして2011年から毎年秋に発表。

EPI指数の国別ランキング、CEFR(セファール)に準拠した5段階の英語能力レベルのほか、「人材競争力指数」「人的資本指数」などの外部指標と英語能力指数の相関関係を考察した分析レポートで構成されている。

2021年版のランキングでは、日本は前年度から大きく順位を下げ、112カ国・地域中78位にダウン。調査開始以来初めて、全参加国・地域の下位3分の1のグループに位置する結果になった。

また、業種間の差は2012年以降縮小傾向にあるが、職種間では、上位グループ(マーケティング、法務、経営戦略など)と下位グループ(事務職など)の大きな変動はなく、職種間の差が固定化しつつある傾向が見てとれた。

今回の調査では、コンゴ民主共和国、ガーナ、ハイチ、マダガスカル、モルドバ、モザンビーク、ソマリア、南スーダン、タンザニアを含む9カ国が初めて調査対象に加えられ、調査規模は過去最多の112カ国・地域に拡大した。

EF EPIは、前年に実施された英語能力テストの結果データに基づき、英語能力を経年的に計測、追跡する世界規模のベンチマークとして開発された指数で、無料の英語能力測定テストビッグデータを利用することで、世界規模の広範で標準化された指標データを提供できるのが特徴。

語学の熟達度を測る国際基準CEFRに準じており、TOEFLやTOEIC、IELTSなど既存のスコアへの換算も可能。

関連URL

「2021年版ランキング」の詳細

英語能力テスト「EF SET」

イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス