1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 「月刊事業構想」2022年2月号発売、「コロナ禍で見えた社会需要」を大特集

2021年12月28日

「月刊事業構想」2022年2月号発売、「コロナ禍で見えた社会需要」を大特集

先端教育機構「事業構想大学院大学」出版部は、企業活性・地方創生・イノベーションの専門誌「月刊事業構想」2022年2月号(税込:1300円)を、28日に発売する。

同号では、コロナ禍の収束が見え始め、岸田政権の新たな経済政策が本格始動する2022年以降、新規事業開発の有望なターゲットはどの分野かを解説。

「デジタル田園都市国家構想」にならった地域産業や都市のDXや、AIやバイオなどの最先端の技術領域やクリーンテクノロジー、経済再始動に欠かせない感染症対策など、幅広いビジネスの可能性を分析。新たな年に向けた新事業、構想を実現するアイデア・ヒントを提供している。

大特集「コロナ禍で見えた社会需要」では、今年11月に地方創生、少子化対策、男女共同参画、女性活躍、子ども政策、孤独・孤立対策の6つの大臣ポストに就任した野田聖子氏が、人々が個性を生かせる多様性ある社会を目指すための課題と取り組みについて、国家の持続可能性の観点から語っている。

また、「地域特集」では宮城県を取り上げ、「東日本大震災から10年、復興の先にある“富県共創”の実現へ」をテーマに、郡和子・仙台市長のインタビューなどを掲載。

シリーズ「トップの哲学と発・着・想」では、大塚一男・東洋製罐グループホールディングス社長が登場。「包装技術で持続可能な社会に貢献」のテーマで語る。

関連URL

「月刊事業構想」2月号の購入

「月刊事業構想」

先端教育機構

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務情報を安心・安全に利用 校務用PCの二要素認証ログイン 秀明英光高等学校 導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス