1. トップ
  2. データ・資料
  3. コロナ禍入学の大学1年生、73.2%が「2021年の後悔は学業」と回答 =IDEATECH調べ=

2022年1月7日

コロナ禍入学の大学1年生、73.2%が「2021年の後悔は学業」と回答 =IDEATECH調べ=

IDEATECHは6日、同社のリサーチPR「リサピー」が、首都圏在住の大学1年生323人を対象に実施した、「2021年の後悔と2022年の意気込みに関する調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、「2021年を振り返って“もっとこうしておけば良かった”といったような後悔はあるか」と質問したところ、「ある」が82.0%、「ない」が18.0%だった。

「どのような後悔なのか」を聞いたところ、「学業」が73.2%、「遊びなどのプライベート」が47.2%、「アルバイト」が46.8%、「人間関係」43.4%、「サークルや部活などの課外活動」36.2%、「恋愛」35.5%、「資格関係」20.8%、「長期インターン」3.4%だった。

このほかにも、「VTuberのオーディションを受けてみればよかった」、「ダイエット」、「もっと遊べばよかった」など7つの自由回答が寄せられた。

また、「サークルや部活などの課外活動」の後悔を挙げた学生に、具体的にどのような後悔なのかを聞いたところ、「もっと精力的に活動に参加すれば良かった」が47.9%、「先輩との繋がりが作れなかった」が40.6%、「別のコミュニティに参加すれば良かった」38.5%、「活動再開に乗り遅れてしまった」36.5%、「大学生活の思い出がない」29.2%、「異性との出会いがなかった」28.1%、「友達ができなかった」24.0%だった。

これ以外にも、「サークルや部活に入るタイミングを逃してしまった」、「積極的に行動すればよかった」、「練習をもっと頑張れば良かった」など5つの自由回答も寄せられた。

「2021年の後悔も踏まえて2022年に挑戦したいこと」を尋ねたところ、「学業」が72.8%、「遊びなどのプライベート」が57.0%、「アルバイト」が56.2%、「恋愛」47.9%、「人間関係」46.8%、「資格関係」38.5%、「サークルや部活などの課外活動」35.8%などだった。

また、「2022年の抱負」を聞いたところ、「英語力を上げる、様々な文化を理解する、他国の歴史を勉強する」「サッカーで絶対レギュラー選ばれて、チームを日本一にする」など265の自由回答が寄せられた。

この調査は、首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)在住の大学1年生を対象に、2021年12月24日〜29日にかけて、インターネットで実施した。有効回答数は323人。

関連URL

「リサピー」

IDEATECH

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務情報を安心・安全に利用 校務用PCの二要素認証ログイン 秀明英光高等学校 導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス