1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. PRES、大学や研究機関向けのDXプラットフォーム「Wizdom」がβ版提供開始

2022年2月28日

PRES、大学や研究機関向けのDXプラットフォーム「Wizdom」がβ版提供開始

アカデミアの研究成果を最大化する研究活動DXプラットフォーム「Wizdom(ウィズダム)」を開発・提供するPRES(プレス)は24日、複数の生物化学系の研究室・研究機関において「Wizdom」のβ版の提供を開始したと発表した。

また、シードラウンドにて、ジェネシア・ベンチャーズと複数の個人投資家から4700万円の資金調達を実施したことを併せて発表した。

PRESは、β版の検証を進めるとともに、2022年中の正式版リリースに向けての人材採用を積極的に行っていくという。

「Wizdom」は、研究室における研究活動全体をDX(デジタルトランスフォーメーション)し、研究活動すべてを最適化するクラウドサービス。

世の中にイノベーションを起こす、その根本となる「科学」や「技術」を生み出すのは、アカデミア/研究室。そして、その根幹を占めるのが「実験」というプロセスだが、現状、実験に関するデータは紙のノートや研究員それぞれのPCなどでバラバラに管理されており、実験にかかる時間の約7割が 「過去の実験データを探す」 ことに使われていると言われている。また、データがデジタル化されていないことで、研究の進展スピードもなかなか上がらないのが現状。その上で、実験データの記録や管理を行うツールはこれまでにも提供されていたが、ワークフローの一部のみを代替する部分的な機能提供では、根本的な課題や非効率を解消しているとは言えなかった。

そのような現状を踏まえ、「Wizdom」は、研究活動全体をDXし、研究者が研究そのものに打ち込め、また、それを円滑かつ効果的に行える環境づくりを目指していくという。

関連URL

PRES

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス