1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. コドモン、宮崎県木城町の保育所に保育ICTシステム「CoDMON」導入

2022年2月4日

コドモン、宮崎県木城町の保育所に保育ICTシステム「CoDMON」導入

コドモンは3日、木城町の保育所で同社が展開するこども施設向けICTシステム「CoDMON」の運用を、2022年2月から順次開始すると発表した。

同町は保育所業務のICT化を推進し、システムの機能を活用して保育士の業務負担を軽減。保護者アプリの利用で保護者とのコミュニケーションを円滑に行うことを目指す。導入した機能は、園児台帳、お知らせ一斉配信、遅刻・欠席・お迎え・延長連絡機能。今後は指導案・日誌作成、発育・健康記録の導入も予定している。

共働き世帯が増える中、保育の受け皿確保は急務であり、厚生労働省は2021年度から2024年度までの4年間で約14万人分の保育の受け皿を確保するという「新子育て安心プラン」を2020年12月21日に公表した。また、喫緊の課題である保育士不足解決のため、保育の現場・職業の魅力を向上し、人材確保に向けた取組が進められている。
また保育施設へのICT導入に対する補助金の対象は、これまで私立園のみだったが、2019年度補正予算より公立園も対象として拡張され、私立園に続き公立園でもICT導入が進んでいる。

現在全国に保育施設は3万8千666施設あり、今後さらに多くの施設で同システムが導入されることにより、保育業界の業務改善が加速し、保育士の確保だけでなく、保育の質向上にも十分な効果を発揮することが期待される。

近い将来人口構造が変化し、子どもの数が減ることによる影響が全国的に出ることが見込まれている。すでに子育て世帯の人口減少の影響が既に出ている市町村では、保育所施設の老朽化や園児の定員割れにより、運営が困難な状況にあり、保育所の統廃合を行う傾向がある。統廃合の実施により、定員充足率の向上や、認定こども園に移行することでの多機能化を図る。これにより発生する保育園減少や、環境変化による子どもへの影響などの課題についても、自治体によっては対応策を検討しており、地域における保育のありかたが問われている。

関連URL

コドモン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス