1. トップ
  2. データ・資料
  3. 実践型探究学習に取り組む高校生、約9割が「自分の将来は自分で切り拓けると思った」と回答=カタリバ調べ=

2022年3月10日

実践型探究学習に取り組む高校生、約9割が「自分の将来は自分で切り拓けると思った」と回答=カタリバ調べ=

カタリバは、全国で実践型探究学習「全国高校生マイプロジェクト」に取り組んだ高校生1654人を対象に実施した、「実践型探究学習と生徒の志向性」に関する調査の結果をまとめ、3月8日付で発表した。

それによると、「今回の探究の経験から、自分の将来は自分で切り拓けると思ったか」を聞いたところ、全体の約9割(86.7%)が「そう思う」と回答した(「とてもそう思う」39.0%と「そう思う」47.7%の合計)。

また、「社会をよりよくするため、社会の問題に関与したいか」という設問に対しても、「とてもそう思う」「そう思う」を合わせた肯定的回答が9割超(91.9%)という結果になった。

「今回の探究学習を通じて、将来の自分のやりたいことが分かったか」を尋ねたところ、行動の深度(計画・調査・フィールドワーク・企画実行)別にその結果をみると、深く行動している生徒ほど「そう思う」と回答する割合が高くなっており、探究学習が実践的になるほど将来へのビジョンが明確になる傾向が見てとれる。

また、「私の参加で、変えてほしい社会現象が少し変えられるかもしれない」という設問で、興味関心と探究学習のテーマが一致している生徒と、一致していない生徒を比較すると、前者の方が「そう思う」と答えた割合が高く、自分の興味関心のあるものをテーマに設定した人ほど、社会に対する自己効力感が上がるということが分かった。

この調査は、実践型探究学習に取り組んだ全国の高校生を対象に、2021年12月13日~2022年2月22日にかけて、インターネットで実施した。有効回答数は1654人(男性31.4%、女性67.8%、その他0.9%)。学年構成は、高1生20.4%、高2生70.4%、高3生8.3%、高4生0.1%、中等部3年生0.1%。

関連URL

調査結果の詳細

カタリバ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス