1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. オキナワインターナショナルスクール、ハイフレックス型授業システムの開発が完了

2022年4月4日

オキナワインターナショナルスクール、ハイフレックス型授業システムの開発が完了

国際バカロレア認定校を運営するオキナワインターナショナルスクール(OIS)は3月31日、コロナ禍における教室とリモートでの授業をハイブリッドで行うスクール向けの「ハイフレックス型授業システム」の開発を完了したと発表した。

新型コロナウイルスの影響が学校にも出始めた2020年3月から、OISは1人1台のiPadを活用してZOOMによるオンライン授業を行ってきた。

しかしスクールでの対面授業が解禁された後も、自宅からリモートで受ける生徒が一部おり、その生徒はZOOMで授業を見ることしかできず、十分満足行く理解度が得られる授業を提供できないことがわかった。

問題を解決するため、双方向のコミュニケーションが十分に取れるアプリを国内外から探したが見付けることが出来なかったため、ものづくり補助金を活用して開発に踏み切ったという。

開発したシステムの特徴
・画面に映されたホワイトボード(黒板)、教員の顔がいつも生徒から確認可能
・リアルタイムで生徒がiPadで書いている課題が全員分確認できる機能
・低学年でも使えるUI/UX
教員はリアルの授業をするだけで良いため、パワーポイントなどの資料をリモートの生徒用に用意する必要がなくなった。リモートで受講する生徒も実際に受ける授業と変わらないという感想が得られている。

現在はiOSのみの対応となっておりますが、今後PC、Androidにも対応すべくWebbアプリの開発を予定している。

関連URL

オキナワインターナショナルスクール

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス