1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. LINE×山口市、「地域で考えるスマホ・SNS活用講座」を共同開発・無償公開

2022年4月18日

LINE×山口市、「地域で考えるスマホ・SNS活用講座」を共同開発・無償公開

LINEは15日、自治体の行政DX推進をサポートするため、山口県山口市と共同で、地域住民向けの講座「地域で考えるスマホ・SNS活用講座」を開発し、同市のHP上で無償公開した。

同講座は、「基本編:スマホはどんなときに使える?活用場面診断ワークショップ」と「活用編:SNSを活用した暮らしの便利と防災を考えよう!」の2項で構成。

「基本編」は、スマホを持とうか迷っている人やあまり活用できていない人を対象に、日常の中でスマホやアプリを活用できる場面があるかどうかを、受講者自身が考える内容。

その上で、生活の困りごとや、こうできたらいいのに、といったことが、スマホやアプリを活用すれば解決できることを理解したうえで、自分にスマホが必要かどうかを検討する。

また「活用編」は、スマホを操作して使い方を学ぶだけでなく、目的に沿った活用方法が身に付けられる内容。

具体的には、自治体のSNSを活用して、医療など暮らしに関わる情報を簡単に調べられるほか、災害時には素早く災害情報が入手できることなどを理解し、実際に体験することで、今後、日常の中でスマホやSNSが有効に活用できるようになる。

同社は、日常の中でスマホやSNSがどのように活用できるか知ってもらい、具体的な活用方法を身に付けてもらうことで「デジタルデバイド」(情報格差)を解消し、自治体が提供するデジタルサービスの利用促進を図るため、東洋英和女学院大学講師・酒井郷平氏の協力のもと、同市と共同で同講座を開発した。

講座の概要
■基本編:
①「こんなことができたらいいな」を考えよう
②「スマホ」って、何ができるの?
③ 私の生活に「スマホ」は必要?
■活用編:
①スマホ・SNSの活用度チェック
②スマホを使った情報検索
③地域とつながるSNS活用
④災害時のSNS活用

ダウンロード(無料)

関連URL

LINE

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス