1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. LINE、メルカリ、警視庁、中央大がサイバーセキュリティ人材育成で協定締結

2019年12月19日

LINE、メルカリ、警視庁、中央大がサイバーセキュリティ人材育成で協定締結

LINE、メルカリ、警視庁サイバーセキュリティ対策本部、中央大学は18日、「サイバーセキュリティ人材の育成に関する産官学連携についての協定」を締結した。


サイバーセキュリティ人材の育成を推進する上で、「官」の強みである犯罪捜査および犯罪情勢に関する知見、「学」の強みである学術研究に関する知見、「産」の強みである情報通信技術やリテラシー教育に関する知見をそれぞれ持ち寄ることで、人材育成に対する相乗効果を発揮し、サイバーセキュリティの脅威への対処能力を向上させることを目指して、今回の協定締結にいたった。

中央大学では、今年4月に国際情報学部を新設して学生の人材育成に取り組んでいる。また今後、AI技術や通信技術、データサイエンスを扱うリテラシーを持った人材の育成にも全学で取り組んでいくほか、2023年の法学部移転を機に、法曹を中心としたプロフェッショナル人材の養成も推進していくとしている。

メルカリでは2017年から、インターネットでの取引や個人間取引、金銭の管理に関する啓発活動として、全国の青少年や教育関係者を対象に講演活動を行っている。また、2019年からは、インターネットを通じた個人間取引におけるネットリテラシー教育用の動画教材を含むプログラムの開発にも取り組み、実際に学校で総合学習や家庭科の副教材として活用され始めているという。

またLINEは、2012年からネットリテラシー啓発活動に注力しており、オリジナル教材を活用した全国での講演活動を実施しているほか、東京都教育委員会と共同で小中高生向けの「SNS東京ノート」を開発し、毎年更新を重ねながら、都内公立学校の全児童・生徒に配布するなどの活動を行ってきた。

今回の協定締結を通じ、まずは産官学連携の上で青少年向けのサイバーセキュリティ教育に取り組んでいく。さらに今後は、サイバーセキュリティの中核を担う人材の育成も目指していくとしている。

関連URL

メルカリの取り組み

LINEの取り組み

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス