1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. ソフトバンクロボティクス、京都府亀岡市立の全小学校など19校に「Pepper」を導入

2022年4月25日

ソフトバンクロボティクス、京都府亀岡市立の全小学校など19校に「Pepper」を導入

ソフトバンクロボティクスは22日、人型ロボット「Pepper」を教育教材として活用する「Pepper社会貢献プログラム2」を、京都府亀岡市立の全小学校・義務教育学校18校と適応指導教室に提供すると発表した。

今回のプログラムで提供されるPepperには、簡単にプログラミングが学べる「Robo Blocks」や、特定のテーマについてPepperがアシスタントとなりユニークな授業ができる「Robo Blocksスクールテンプレート」など、さまざまな教育機関向けアプリが実装されている。

同社と亀岡市、亀岡市環境事業公社が、環境省環境教育推進室による監修のもとに共同制作した授業プログラム「Robo Blocksスクールテンプレート 環境教育 海洋ごみ編」と「同 環境教育 生活ごみ編」を活用し、市立の小学校などで環境教育を推進していく。

取り組みの詳細

関連URL

ソフトバンクロボティクス

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス