1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 無料ウェブ百科事典「コトバンク」、小学館グループの「C-POT」と事業提携

2022年5月13日

無料ウェブ百科事典「コトバンク」、小学館グループの「C-POT」と事業提携

DIGITALIO(デジタリオ)は12日、同社の無料ウェブ百科事典「コトバンク」が、小学館グループの「C-POT」と、4月に事業提携したと発表した。

コトバンクは、140辞書・事典の約274万語(2022年4月現在)を収録した、国内の辞書サイトで10カ国語を無料提供するウェブ百科事典。

一方、C-POTは、出版社が保有するコンテンツを一元管理するためのデータベース化や、辞書・事典などの更新が必要な構造化データの編集などを、Webブラウザで利用できる編集システム「CES(Contents Edit System)」を提供。現在は、小学館の辞書・事典データの管理に活用されている。

今回の提携を通じて、コトバンクの運営を両社での共同運営体制にし、コトバンクとCESのシステム連携を目指す。

これにより、小学館が保有する辞書・事典の最新データがコトバンクにシームレスに反映され、コトバンクで検索できるコトバの網羅性と内容の信頼性を継続的に向上させて、ユーザーの利便性を高めていく。

コトバンクは、原則として、確かな著者・編者・発行元による用語解説だけを掲載。用語解説は随時追加更新し、新鮮な情報を提供している。

小学館の「デジタル大辞泉」(約30万語)、「日本大百科全書」(約14万語)、「精選版 日本国語大辞典」(約30万語)、朝日新聞出版の「知恵蔵」(約1万語)、講談社の「デジタル版日本人名大辞典+Plus」(約7.5万語)など、計140辞書・事典の約274万語を収録。無料事典サイトとしては国内最大級。

また、多数の辞書を収録していることから、1つのキーワードに対して複数の辞書の解説を1度に閲覧、比較することができる。

関連URL

「コトバンク」

C-POT

DIGITALIO

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス