1. トップ
  2. データ・資料
  3. プログラミングスクール入会前の不安、「費用対効果」や「未経験での参加」 =ポテパン調べ=

2022年6月8日

プログラミングスクール入会前の不安、「費用対効果」や「未経験での参加」 =ポテパン調べ=

ポテパンは7日、同社のオンラインプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」が、未経験からプログラミングスクールへの入会を検討している首都圏在住の20代108人を対象に実施した、「プログラミングスクールの不安に関する実態調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、プログラミングスクールへの入会を検討するようになった「きっかけ」を聞いたところ、「何か専門的なスキルを身につけたいと思った」38.9%、「転職を検討しはじめた」36.1%、「副業を検討しはじめた」34.3%、「仕事でプログラミングスキルが必要になった」28.7%、「将来性のあるエンジニアを目指したいと思った」24.1%、「友人・知人に勧められた」4.6%という結果になった。

ほかにも、「気軽にプログラムを学べる環境が増えた」や「知っていると便利なことがたくさんあったから」など78の自由回答が寄せられた。

プログラミングスクールへの入会を検討する上で「不安や悩みはあるか」と質問したところ、「かなりある」が15.7%、「ややある」が65.7%で、「あまりない」は16.7%、「一切ない」は1.9%だった。

具体的には「どのような不安・悩み」なのかを聞いたところ、「費用対効果が出るかわからない」59.1%、「未経験でやっていけるかわからない」59.1%、「実践の場で通用するスキルが身につくかわからない」55.7%、「受講後のキャリアアップにつながるかわからない」30.7%、「学習を継続していけるかわからない」21.6%などの回答になった。

このほか、「自分に合ったスクールを探せるか」や「仕事との両立」など60の自由回答が寄せられた。

「プログラミングスクールに期待すること」を聞いたところ、「現場で通じる実践的な学び」55.6%、「細やかな学習フォロー」54.6%、「受講後のキャリアアップのサポート」43.5%、「オンラインでの受講」23.1%、「返金保証」21.3%という結果になった。

このほか、「転職支援や案件獲得や独立の際のフォローがあればもっと助かる」や「レベルに応じたきめ細かい対応」など64の自由回答が寄せられた。

この調査は、未経験からプログラミングスクールへの入会を検討している首都圏在住の20代男女を対象に、5月30日〜31日にかけて、インターネットで実施した。有効回答数は108人。

関連URL

「ポテパンキャンプ」

ポテパン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス