1. トップ
  2. データ・資料
  3. オンライン研修、満足度は85.7%で集合研修(50%)を大きく上回る=デジタル・ナレッジ調べ=

2022年7月6日

オンライン研修、満足度は85.7%で集合研修(50%)を大きく上回る=デジタル・ナレッジ調べ=

デジタル・ナレッジは5日、同社のeラーニング戦略研究所が、研修がある会社で教育を受けている会社員100人と、人事部の人材教育・育成業務担当者100人を対象にそれぞれ実施した、「企業研修の実施状況に関する調査」の結果をまとめた報告書を公開した。

それによると、コロナ3年目における研修の実態を調べたところ、社員の85%が「オンライン研修のみ」、「オンライン研修と集合研修を併用したハイブリッドラーニング」を受講していることが分かった。

ハイブリッドラーニングのうち、「オンライン研修の実施比率=7割以上」は66.6%で、企業研修におけるハイブリッドラーニングは「集合」より「オンライン」が多かった。

企業は、①知識教育か実践教育か、②研修規模が大きいか小さいか、③基本はオンライン、初回のみor重要な研修のみ集合―などの基準で集合研修とオンライン研修を使い分けていることが分かった。

コロナ禍で、94.4%が「集合研修が減った・なくなった」と回答し、84.3%が「オンライン研修が増えた」と答えており、研修のオンライン化が鮮明になった。

また、社員と企業の研修満足度を調べたところ、ハイブリッドラーニング(社員70.8%、企業71.2%)、オンライン研修(社員70.4%、企業85.7%)が、集合研修の満足度(社員40%、企業50%)を大きく上回った。

社員の満足度を高めている最大の要素は「時間・場所の制約がない」で、企業側では「目的にあった使い分けが可能」、「受講者増とコスト削減が両立できる」点などが評価された。

「今後もハイブリッドラーニングを継続したい」と回答した社員は92.7%、企業は96.9%と極めて高く、社員側では今よりやや集合研修を増やしたハイブリッドラーニングが求められていることが分かった。

また、オンライン研修・ハイブリッドラーニングの課題について聞いたところ、「円滑なコミュニケーションが難しい」、「取組状況が見えない・ちゃんと理解できたか不安」、「集合研修に比べて効果が限定的」といった声が、社員側・企業側双方から寄せられた。

この調査は、研修がある会社で教育を受けている勤続年数3年以上の会社員100人(社員側調査)と、人事部の人材教育・育成業務担当者100人(企業側調査)を対象に、6月2日~3日(社員側調査)と6月2日~6日(企業側調査)に、アンケート専門サイトを使ったWebアンケートの形で実施した。

関連URL

調査結果の詳細

デジタル・ナレッジ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス