1. トップ
  2. データ・資料
  3. スクールにおけるオンライン授業の導入率81% 「新規顧客獲得」など97.5%が手ごたえ=デジタル・ナレッジ調べ=

2022年3月2日

スクールにおけるオンライン授業の導入率81% 「新規顧客獲得」など97.5%が手ごたえ=デジタル・ナレッジ調べ=

デジタル・ナレッジは3月1日、同社のeラーニング戦略研究所が、関東・中部・近畿地方の資格・語学・IT・クリエイティブスクールの経営者ら100人を対象に実施した、「コロナ禍におけるスクールのオンライン授業(Web講座)に関する調査」の結果をまとめ公開した。

それによると、各種スクールのオンライン授業の導入率は81%に上ることが明らかになった。内訳は「以前から導入している」が39%、「コロナ感染拡大を機に導入」が42%で、コロナ禍に講座のオンライン化が急速に進んだ様子が読み取れる。

オンライン授業の導入は、「コロナ禍でもスクール事業を継続できた」、「受講者が自宅で授業を受けられる環境を提供できた」といった様々な成果をもたらしており、その効果を実感した経営者らは実に97.5%に上っている。

コロナ禍におけるスクール運営や顧客ニーズの変化を尋ねた質問でも、「オンラインを希望する人が増えた」、「オンライン化で新規顧客獲得ができた」、「収益が伸びた」といった回答が多く挙げられている。

コロナ禍に対面を避け自宅で安心安全に学びたいという消費者ニーズの高まりにすばやく対応したことが、安定的な事業継続や新規顧客獲得につながった様子がうかがえる。

一方で、オンライン授業を導入していないスクールでは「新規入学者が減少した」、「規模を縮小した」という厳しい意見もみられた。

今回の調査では、資格・語学・IT・クリエイティブスクール別のオンライン授業の詳しい実施状況や課題、今後の取り組み予定なども含め全53ページの報告書で詳しく伝えている。

この調査は、資格・語学・IT・クリエイティブスクールの経営者、教員・講師、運営担当者 計100人を対象に、1月7日~12日にかけて、Webアンケート方式で実施。調査地区は、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・愛知県・大阪府・京都府・兵庫県。

関連URL

調査結果の詳細

デジタル・ナレッジ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス