1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. TAC、教員採用試験直前対策講座「人物対策 特訓編」7~8月に開講

2022年7月7日

TAC、教員採用試験直前対策講座「人物対策 特訓編」7~8月に開講

TACは、今年の教員採用試験の受験者向けの直前対策講座「人物対策 特訓編」を、7月18日~8月28日にかけて、全国の校舎で開講する。

同講座は、2022年の人物試験に向けて同社が開講する最後の試験対策。これまでの「人物対策 実践編」を発展させた相互研究型の講座として、チームでの実践を重視した対策を実施する。

受験者、面接官、教師、生徒など、様々な立場を体験しながら、互いの実力を比較・評価して、多角的視点の獲得をめざす。人物対策指導の中核を担う講師陣の戦略的アドバイスのもと、実践を主体的・協働的学習へとつないでいく。

講座の概要

開講日程:7月18日(月・祝日)~8月28日(日)の期間
コース:
①「個人面接 特訓」(3時間×1回)
2チーム編成で、頻出質問の回答練習を行う。講師主導のもと、自分の回答内容や答え方を他者と相互比較・検討し、多角的視点で改善を図る。その後、実際の個人面接を想定して、1人ずつロールプレイングを実施。全員が実践練習・面接官役を最低1回は経験し、チームとして、また個人としての面接戦略を磨いていく
②「集団面接 特訓」(3時間×1回)
簡単なグループ課題に取り組み、エンカウンター体験を深める(構成的グループエンカウンター)。教師らしいふるまい・発言について考え、その後、実際の集団討論を想定して、順番にロールプレイングを行う。提示された課題について、集団の中で自分がどのような貢献をするかを意識し、経験を積むのが目的
③「模擬授業 特訓」(3時間×1回)
教師役と生徒役に分かれてチームで模擬授業研究を行う。1人あたり約30分を使い、模擬授業と講師によるコーチングを順に実施。様々な授業スタイルと評価を知ることで、基本授業力と本試験での精神的安定感を高めていく(参加当日までに1単位時間の授業案を作成)受講料(教材費・消費税込み):各コースとも1回(3時間)の通常受講料1万円

詳細・申込

関連URL

TAC

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス