1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. エプソン×長崎市、高速ラインインクジェット複合機104台を小中学校に導入しCO2削減

2022年8月3日

エプソン×長崎市、高速ラインインクジェット複合機104台を小中学校に導入しCO2削減

エプソン販売は2日、エプソンのスマートチャージ〈Lx〉シリーズが長崎市教育委員会に採用されたと発表した。9月1日から長崎市内の小中学校96校と給食センターで運用を開始する。


エプソンのスマートチャージは高速印刷が可能なため、プリント時間と手間軽減で教員の働き方改革に寄与するほか、気兼ねなくカラー印刷ができるため、教材などの印刷物の視認性向上による教育の質の向上に寄与し、学校現場が抱える課題をプリンティングの視点で解決することを提案している。

今回、長崎市教育委員会では、「教職員の働き方改革」「コストに気兼ねのないカラー印刷の実現」という課題を解決するために、長崎市内小中学校96校、および給食センターに、エプソンのスマートチャージ、高速ラインインクジェット複合機「LX-10050MF」12台、「LX-7550MF」92台の計104台の採用を決定した。今回、低消費電力のエプソンの高速ラインインクジェット複合機を導入することで、「ゼロカーボンシティ長崎」を具現化すべくCO2排出量削減に貢献することが可能となったという。

関連URL

「スマートチャージ」

長崎市教育委員会

エプソン

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス