1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. イエロー ピン プロジェクト、河内長野市で「プログラミングで海のSDGs!」開催

2022年9月6日

イエロー ピン プロジェクト、河内長野市で「プログラミングで海のSDGs!」開催

イエロー ピン プロジェクトは3日、大阪府河内長野市で「プログラミングで海のSDGs!」を8月21日開催したと発表した。

イベントは“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環。SDGs14番目の目標「海の豊かさを守ろう」がテーマに、海の社会課題「海洋プラスチックごみ」や「サステナブル漁業」とプログラミングを掛け合わせたワークショップとSDGs講演会が行われた。

プログラミングワークショップでは、ブロックプログラミング環境のMakeCodeを使って、自分でプログラムした海洋プラスチックごみ調査船・サステナブル漁業船を「micro:bit」で動かした。

ワークショップ「SDGs× 河川ごみ調査(Let’s MIGO in 河内長野)」では、講師と参加者全員で、会場前の河川敷をごみ拾い。回収後はごみの種類の調査をした。

講演会は、大阪商業大学の原田先生と大阪公立大学の千葉先生が、海洋プラスチックごみの研究結果を交えながら、日常でも実践できるごみの削減の取組内容などを説明した。

参加者は55名。海洋プラスチックごみ問題について当事者意識を持つきっかけとなったという感想が多かったという。

関連URL

日本財団「海と日本プロジェクト」

イエロー ピン プロジェクト

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス