1. トップ
  2. 学校・団体
  3. クラーク記念国際高×NOLTYプランナーズ、「探究」「自己管理」などをテーマに産学共同授業

2022年9月16日

クラーク記念国際高×NOLTYプランナーズ、「探究」「自己管理」などをテーマに産学共同授業

広域通信制のクラーク記念国際高校は、NOLTYプランナーズと連携して、「探究」「自己管理」「タイムマネジメント」をテーマにした産学共同授業を、9月20日から開始する。

同授業は、同校が2021年度に設置した「スマートスタディコース」で、9月~11月まで行う。NOLTYプランナーズが開発した「NOLTYスコラプログラム」のコンテンツである「NOLTYスコラ手帳」を活用して、自己管理力の向上を図る。

自身の学びの振り返りを行い、教員とのコーチング面談を通して適切なフィードバックを得ることで、自ら学び行動できる姿勢を身につける。

さらに「NOLTYスコラ 探究プログラム」で、自身の学びへの「興味関心」「まとめ表現」「振り返り」を協働学習することで、探究心と主体性を育む。

同校は、「Boys,Be Ambitious!」で知られるクラーク博士の精神を教育理念に受け継ぐ教育機関として、1992年に開校。北海道深川に本校を設置し、全国50を超えるキャンパスで1万人以上が学んでいる。

通信制でありながら全日制と同様に毎日制服を着て通学して学ぶ「全日型教育」という新たな学びのスタイルを開発・導入。カリキュラムの柔軟性を生かし、生徒のニーズに合わせた様々な特徴ある授業を展開している。

一方、NOLTYプランナーズは、2010年に日本能率協会マネジメントセンターの子会社として設立。2011年から全国の中・高校に向け、生徒が自律し、自己管理を行う力を育成する「NOLTYスコラ プログラム」の販売を開始。2018年からは、総合的な探究の時間に対応した「NOLTYスコラ 探究プログラム」の開発・販売を行っている。

関連URL

クラーク記念国際高校

NOLTYプランナーズ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス