1. トップ
  2. データ・資料
  3. 学校の制服、中高生の保護者の約9割が「必要」と回答=カンコー学生服調べ=

2022年12月28日

学校の制服、中高生の保護者の約9割が「必要」と回答=カンコー学生服調べ=

カンコー学生服は27日、毎月最終火曜日に発信している調査レポート「カンコーホームルーム」Vol.203で、中高生の保護者3600人を対象に実施した、「保護者が考える“学校制服の必要性”」に関する調査データを公開した。


それによると、「学校制服の必要性」については、中高生保護者の47.3%が「あったほうがよい」、39.9%が「どちらかと言えば、あったほうがよい」と回答しており、合わせると約9割(87.2%)の保護者が「学校制服は必要」と答えた。

地域別にみると、東北は「あったほうがよい」51.7%と「どちらかと言えば、あったほうがよい」38.4%を合わせて90.1%、中国・四国は「あったほうがよい」51.2%と「どちらかと言えば、あったほうがよい」38.8%を合わせて90.0%。

九州・沖縄では「あったほうがよい」55.7%と「どちらかと言えば、あったほうがよい」34.4%を合わせて90.1%となり、どの地域でも「学校制服は必要」という回答が9割を超えた。


学校制服の「良い点」を聞いたところ、「毎日の服装に悩まなくていい」70.2%が最も多く、続いて「学生らしく見える」51.7%が半数を超えた。

以下、「経済的である(私服を沢山買わなくていい)」35.7%、「服装による個人差がでなくていい(平等である)」33.4%といった経済性や平等性があげられ、以下、「公私のけじめがつく」24.2%、「冠婚葬祭に着られる」23.9%、「どこの学校か一目で分かる」22.1%、「きちんとした気分になる」19.5%などが続いた。


制服を着用している中学・高校生の子どもを持つ親に、「学校制服に必要だと思う内容」を聞いたところ、「洗濯・お手入れのしやすさ」69.0%、「家庭で洗濯できる」61.9%という「洗濯」に関する事項が多かった。

以下、「丈夫さ・耐久性」49.5%、「動きやすさ」46.8%、「シワにならない」41.2%、「着心地・肌触りの良さ」38.3%、「形態安定(シャツ・ブラウスなどアイロン不要)」37.3%、「汚れにくい・汚れが目立たない」32.8%、「着用時の軽さ」31.0%などが続いた。

また、「性の多様性」への配慮については、「性別に関わらず着たい制服が選べる」8.7%、「男女が同じスタイル(ジェンダーレス制服)である」3.3%という回答は少数だったが、学校制服に必要だと思うこととして挙げられた。

ほかにも、「地球環境に配慮している」5.8%、「SDGsに貢献している」4.1%というサスティナブルな視点も少数みられた。

この調査は、中学・高校生の子どもを持つ全国の親(男女)を対象に、7月にインターネットで実施した。有効回答数は3600人(父親2194人、母親1406人)。

関連URL

調査結果の詳細

「カンコーホームルーム」

カンコー学生服

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス