1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. シュビキ、「ビジネス日本語ドリル(インドネシア語/マレーシア語版)」eラーニング発売

2023年1月26日

シュビキ、「ビジネス日本語ドリル(インドネシア語/マレーシア語版)」eラーニング発売

シュビキは24日、eラーニングコース「ビジネス日本語ドリル(インドネシア語/マレーシア語版)」12コースを発売した。

コロナ禍で停滞した外国からの人材流入も徐々に戻りつつある。出入国在留管理庁発表の2022年6月末現在のデータによると、国別の在留外国人上位10カ国は、いずれも前年末比プラスとなった。

中でも7位のインドネシアは、同プラス39%と最も大きく伸びている。かつて外国人労働者の供給源として注目を集めていた中国やベトナムで、人材が確保しにくくなっており、次のターゲットとしてインドネシアに目を向ける企業が増えてきたことなどが、その背景として考えられるという。

同作は、こうしたニーズに応えて開発されたもので、日本企業の営業や研修など
の場で交わされるダイアログを使った、インドネシア語・マレーシア語圏の方
向けのeラーニングコース。また、会社の上司や同僚とオフタイムではどのような言葉遣いが適切か迷うケースも多いため、これもダイアログとして取り入れた。

単体コースとして研修効率化支援サービス「BISCUE TS」のラインアップにできる他、定額制クラウド型 eラーニング「BISCUE LS」(各スマホ対応)の契約コースに盛り込むこともできる。

関連URL

シュビキ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス