1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. スプリックス、「教育DXの推進」で山形・酒田市教委と連携協定を締結

2023年1月26日

スプリックス、「教育DXの推進」で山形・酒田市教委と連携協定を締結

スプリックスは25日、同社が開発した公教育機関向けCBTサービスパッケージ「CBT for school」の導入などに関して、山形県酒田市教育委員会と連携協定を締結したと発表した。

同社は、「CBT for school」の同市への導入で、市内の全児童・生徒に配布されたタブレット端末の活用を促進して、教育DXを推進する同市の教育振興に貢献していく。

「CBT for school」は、端末やネットワーク環境さえあれば導入でき、基礎学力を国際基準で評価する「TOFAS」、主要教科の理解度を単元別に評価する「単元別テスト」、プログラミングの理解度を評価する「プログラミング能力検定」の3つのCBTサービスを提供。

同市では、2021年から「住民サービス」「行政」「地域」の3軸からDXを進める「酒田市デジタル変革戦略」を掲げ教育DXも推進する中で、市内の一部学校で「CBT for school」の試行を開始した。

今回の連携協定の締結で、同市内の全小中学校で「CBT for school」を活用し、子どもたち一人ひとりの学力を詳細に測って、個別最適な学びや学習習慣の定着に繋げるほか、教員の負担軽減を目指す。

【連携協定の概要】
調印:1月25日付
主な内容:
・「CBT for school」を活用して、酒田市内の児童・生徒の学力を継続的に測定することで、個別最適な学びを推進し、学習習慣の定着を図る
・自動採点や容易な成績分析という特長を持つ「CBT for school」を活用することで、教員の負担軽減につなげる

詳細

関連URL

酒田市教育委員会

スプリックス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス