1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. ミマモルメ、大阪市立内405校に「欠席連絡等アプリケーションサービス」提供開始

2023年3月28日

ミマモルメ、大阪市立内405校に「欠席連絡等アプリケーションサービス」提供開始

ミマモルメは24日、大阪市立小中学校及び義務教育学校全405校に「欠席連絡等アプリケーションサービス」の提供を4月から開始することを発表した。

同サービスは2月から順次導入していて、これまで電話や連絡帳などを用いていた毎日の欠席遅刻連絡を、ICTを活用して簡便に行えるようにする。

保護者が専用アプリやWebイトの「欠席遅刻管理機能」「連絡帳機能」を用いて、学校へ欠席遅刻情報や体温等を連絡することで、学校はWEB上の管理画面から欠席遅刻等の確認ができるようになり、保護者の利便性向上と教職員の業務負担軽減を図ることができる。

関連URL

ミマモルメ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス