1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 文科省/反転授業の実証研究など ICT教育推進施策に関する中間報告

2014年8月26日

文科省/反転授業の実証研究など ICT教育推進施策に関する中間報告

文科省は22日、反転授業の実証研究の実施など、ICT教育を推進するために、2017年までに小中高等学校で取り組むべき施策の枠組みを示した「ICTを活用した教育の推進に関する懇談会」の中間とりまとめを発表した。

「ICTを活用した教育の推進に関する懇談会」は、ICT教育の推進に向け、有識者による意見交換などを行うために設置。座長は、東京工業大学 清水康敬名誉教授。

中間とりまとめでは、懇談会での意見などをもとに、第2期教育振興基本計画の実施期間である2017年までに取り組むべき施策の枠組みを示した。

授業の質の向上を図るために、ICT教育の効果検証手法の確立、発達段階に応じた指導モデルの開発に取り組む。また、授業でのICT活用について、外部専門家による指導や助言、評価を実施するほか、学習記録データーなどを活用した実証研究も行う。

学びの場を多様化させるために、反転授業などの授業と家庭学習を連動させた新しい取り組みについて、「先導的教育体制構築事業」として実証研究を実施。

教員の採用や、養成、研修にもICT教育を導入。教員採用に、ICT教育に関する問題を設けたり、実技試験で扱うことも検討しているという。また、次期学習指導要領にICTを活用した指導方法の明確化し、指導の改善につなげていく。

また、OSの種類に依存しない環境整備など、デジタル教科書の標準化を進める。

概要

文科省

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21