1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ソニーCSL/算数クイズアプリのAndroidタブレット版提供開始

2014年8月26日

ソニーCSL/算数クイズアプリのAndroidタブレット版提供開始

ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)は25日、日本の小学生の算数問題をベースにした、子どもから大人までの幅広い年代で楽しめ、考える力を伸ばす算数クイズアプリ「MathNative」のAndroidタブレット版の提供を開始した。

「MathNative」は、ユーザーが100以上ある物語の主人公となって算数クイズを進めていく、”ストーリー提供型”の算数クイズアプリ。これまでPCウェブブラウザ版、iPhone/iPad版を提供してきた。

小学校低学年を主な対象としながらも、その保護者など大人でも楽しめる内容になっているという。8月現在、年長、小学1~3年生を主な対象とした問題が中心で、徐々に対象学年を拡大していく。

クイズは約600問を収録し、全て浜学園、駿台・浜学園の算数科が監修。

また、ユーザーの登録情報のニックネームや生年月日にもとづきパーソナライズしたクイズを配信。正答率や解答時間などの解答状況を分析しながら、ユーザーの特性に合わせて、学習効率を高め、継続的に取り組めるようなカリキュラムを提供する。

日本語版と英語版を用意しているほか、中国語版の開発も進めている。利用端末の言語設定を変更することで、日本語と英語を切り替えて同じ内容のクイズに挑戦できるため、算数を教材とした語学学習としても活用が可能。

さらに、クイズの内容はFacebookやPinterestなどのソーシャルサイトで自由にシェアできる。

関連URL

Android版   
PC・ウェブブラウザ版 
iOS版 
Facebookページ 

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21