1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. e-Learning Awards フォーラム/ベネッセ、Z会、BBT大が新サービス発表

2014年11月13日

e-Learning Awards フォーラム/ベネッセ、Z会、BBT大が新サービス発表

e-Learning Awards フォーラム運営事務局は12日、「e-Learning Awards2014 フォーラム」の開幕に先立ち、ベネッセ、Z会、ビジネス・ブレークスルー大学大学院(BBT大)3社による「新サービス発表会」を開催した。

ベネッセ「Challenge English」

ベネッセが発表した「Challenge English」は、より話せる、使える英語へのニーズを「レベル別デジタル学習×外国人講師オンラインレッスン」で実現する通信教育サービス。対象学年は小学校1年生から6年生で、使い易いマルチデバイス対応となっている。

「聞く・話す・読む・書く」の4技能を総合的に身につけ、レベル別に英語を「使いながら」学ぶ。月1回海外在住の講師と「話す」オンラインレッスンで、学習の定着度や発音などをチェックするという。サービスの開講は2015年4月を予定している。(詳細記事はこちら)

Z会の「添削×iPad」

Z会が新たに展開するサービスは、「添削×iPad」。難関校合格を目指すこのサービスは、アナログとデジタルの融合、紙での学習とiPadでの学習を組み合わせた個別指導を実現するもの。

入試に挑むための知識は、iPadの映像授業と確認問題で習得し、「得点できる答案」を書く力は、紙の添削答案で鍛える。答案はiPadのカメラで撮影して提出し、添削した答案の返却は3日後というクイックレスポンスを実現する。(詳細記事はこちら)

ビジネス・ブレークスルー大学大学院の「不動案投資実践講座」

ビジネス・ブレークスルー大学大学院の提供するサービスは、eラーニングを活用した「不動案投資実践講座」。特徴としては、金融商品を持たない中立な立場で、受講料で運営する講座のため、投資家の視点に立った講座運営が行うことが可能であり、動画を活用することで拘束時間にとらわれず、第一線で活躍する講師陣を招聘できることだという。

これらの新サービスは、14日まで開催されている「e-Learning Awards2014 フォーラム」の展示会場で実際に触れることができる。

関連URL

ベネッセ
Z会
ビジネス・ブレークスルー大学大学院
e-Learning Awards2014 フォーラム

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21