1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 伊丹市と阪急阪神HD/子ども等の位置情報を通知するサービスで協定締結

2015年11月13日

伊丹市と阪急阪神HD/子ども等の位置情報を通知するサービスで協定締結

伊丹市と阪急阪神ホールディングスは10日、子どもや認知症高齢者の位置情報を保護者に通知するサービスを実施するため、協定を締結したと発表した。

「伊丹市安全・安心見守りネットワーク事業」イメージ

「伊丹市安全・安心見守りネットワーク事業」イメージ

伊丹市は「住み続けたいまち伊丹」の実現を図るため、犯罪の抑止効果を高め、安全・安心なまちづくりを推進している。

今回、阪急阪神ホールディングスは、幅広い世代に安全で安心な沿線・街づくりをめざしていることから、グループ企業・阪神電気鉄道が展開する「登下校ミマモルメ」の仕組みを活用し、「伊丹市安全・安心見守りネットワーク事業」として協働事業を実施こととした。

ビーコン小型無線受信器を取り付けた防犯カメラ「安全・安心見守りカメラ」を伊丹市内に設置し、子どもや認知症高齢者の位置情報を保護者に通知するサービスを、1000台規模の防犯カメラを使ったインフラを整備して行う。この規模の事業としては日本で初めてになるという。

2016年3月に試験運用を開始する予定。

関連URL

阪急阪神ホールディングス

問い合わせ先

阪急阪神ホールディングス

Classi 悩める先生のための実践アクティブ・ラーニング ワークショップ 参加無料 12.23 先着100名 お申込み締切12/15 お申し込みはこちら
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録