1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. NICTがドローン使い図書配送システムの実証実験

2016年4月13日

NICTがドローン使い図書配送システムの実証実験

情報通信研究機構(NICT)は12日、プロドローンと共同で、小型無人飛行機ドローンを使って学校図書室の本を別の学校へ配送する図書配送システムの実証実験に成功したと発表した。

実証実験は、国家戦略特別区域(地方創生・近未来特区)である秋田県仙北市において実施され、ドローンに約1kgの図書を積載し、高度約50m、距離約1.2kmの自動航行に成功。

また、ドローン、地上局、図書室端末、配送管理端末、データサーバで構成されるシステムの通信に共通鍵暗号とワンタイムパッド暗号を適用することにより、制御の乗っ取りや情報漏えいを完全に防御した環境で配送サービスを実施できることを示した。今後も、仙北市での実証実験に継続して参画し、運用技術やノウハウを蓄積してくとしている。

本研究開発の一部は、総合科学技術・イノベーション会議により制度設計された革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の支援を受けている。

NICTでは今後も、仙北市での実証実験に継続して参画し、プロドローンと共同で、運用技術やノウハウを更に蓄積し、図書配送システムの実用化に向けては、今回専門のオペレータが担当したドローン離着陸操作の自動化を実現し、完全自動航行での運用を目指すとしている。

また、複数拠点を結ぶネットワークの広域化にも取り組み、将来的には、薬の配送など個人情報の保護が求められる輸送、物流関連用途や農業分野での計測、観測関連用途、山岳遭難救助や火山監視等の災害対応用途、更には重要インフラ施設管理等の高機密用途への活用も目指すという。

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ