1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 佐鳴予備校がタブレット3万台にチエルのウイルス対策ソフト導入

2016年4月15日

佐鳴予備校がタブレット3万台にチエルのウイルス対策ソフト導入

チエルは、東海地区を中心に展開する進学塾の佐鳴予備校が1月に利用を開始した学習用タブレット約3万台に、ウイルス対策ソフト『Dr.Web』を導入したと発表した。

キャプチャ2

導入事例の詳細はチエルのHPで公開

佐鳴予備校では、2004年に200校舎全600教室に電子黒板を配備し、独自のデジタル教材を導入するなど、積極的なICT環境活用を推進。2016年からは、約3万台のタブレット端末を導入している。

タブレット端末を導入するにあたり、インターネットのさまざまな脅威をしりぞける「ウイルス対策ソフト」の検討を実施。

高いウイルス検出率と動作の軽さや、教育機関への導入実績の豊富さを評価し、すべてのタブレット端末に『Dr.Web』を採用したという。

関連URL

導入事例 | Dr.WEB

実践校による活用事例報告 ICT教育研究会 with Classi 3月20日 明星中学校・高等学校
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ