1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 同志社中とnoa出版が「ICT活用・情報倫理ハンドブック」を制作

2016年5月16日

同志社中とnoa出版が「ICT活用・情報倫理ハンドブック」を制作

noa出版は13日、「2016年度版 ICT活用・情報倫理ハンドブック」を同志社中学校と共同制作したと発表した。

noa出版の「情報倫理ハンドブック」に、同志社中学校のオリジナル教材「ICT活用編」を合本したテキスト。

「ICT活用編」では、iPadの活用ルールやネットワークの利用規定、WindowsPCの利用方法や、調べ学習のポイントや注意点など解説。「情報倫理編」では、情報を正しく取扱う(著作権・個人情報・メール・SNSなど)、情報の安全性を守る(セキュリティ、ウィルス対策など)や、ネットワーク上のトラブル事例を掲載している。

同志社中学校では、2014年度の1年生を対象に1人1台のiPad miniを導入。今年度、1年生から3年生までの全学年がiPadを持つようになったことを機に、従来の「ネットワーク利用の手引き」を全面改訂した。

関連URL

noa出版

問い合わせ先

noa出版

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録