1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 三島市、小中学校21校の全普通教室に電子黒板「xSync Board」導入

2017年1月24日

三島市、小中学校21校の全普通教室に電子黒板「xSync Board」導入

パイオニアVCは23日、同社の電子黒板「xSync(バイ シンク)Board」364台を静岡県三島市の小中学校21校に導入したと発表した。

三島市立佐野小学校で、電子黒板「xSync Board」を利用した授業の様子

三島市立佐野小学校で、電子黒板「xSync Board」を利用した授業の様子

「xSync Board」は、同市の小学校14校には2015年8月、中学校7校には2016年8月に、特別支援学級を含む全ての普通教室へ設置され、児童・生徒の効果的な学力育成に向けて、日常の授業での活用が進んでいるという。

「xSync Board」は、電子黒板が授業で利用される中で最も多い操作である「表示拡大する」、「ペンで書き込む」を外付けボタン(イージーコントローラー)で操作することが可能。電子黒板と同時期に導入された書画カメラを外付けボタンから操作でき、ICTが苦手な先生でも直感的に利用できるという。

また、専用のペンを利用することなく、画面上に指のタッチで書き込むことができるため、手元を気にすることなく授業の流れに沿ってスムーズな利用もできるという。

さらに、ディスプレイ型の電子黒板なので、教室のカーテンを閉めることなく、デジタル教科書や書画カメラで取り込んだ画像を明るく表示できる。児童・生徒が明るい環境で学習に取り組むことが可能だ。

関連URL

パイオニアVC

実践校から学ぶICT教育の活用法 ICT教育研究会 with Classi 3/28 開催!
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21