1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 佐賀県教委/1人1台タブレットの機種を決定

2013年12月16日

佐賀県教委/1人1台タブレットの機種を決定

佐賀県教育委員会は13日、2014年度から全県立高校新入生を対象に行う1人1台のタブレット端末を使用する授業で使う機種を発表した。

採用されたのは、富士通製タブレット端末「ARROWS Tab Q584/H」の佐賀県学習用パソコン特別モデル。

タブレット端末単体の予定価格は7万4000円(税抜き)で、デジタル教材などを含む合計価格は約8万4000円(税抜き)。

タブレット端末の保護者への負担額は、県が提示していた上限額の5万円となる。

県は、これまで入学時に購入した紙の辞書や教材のうち、タブレット端末にインストールされている辞書や教材(約2万円)は、購入する必要がなくなるので、負担増額は実質的に約3万円になると見込んでいる。

17日から実施する「ICT利活用教育に係る保護者向け事業説明会」で、実際のタブレット端末を紹介する。

 関連URL

佐賀県

問い合わせ先

佐賀県教育庁教育政策課 教育情報化推進室
電話:0952-25-7222

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス