1. トップ
  2. ツール・教材
  3. VIO/IPカメラを利用した大規模授業配信システムを発売

2014年2月19日

VIO/IPカメラを利用した大規模授業配信システムを発売

ヴイ・インターネットオペレーションズ(VIO)は18日、「ArgosView 授業配信システム」の大規模環境向け「ArgosView 授業配信システム Enterprise」を3月1日に発売すると発表した。

「ArgosView 授業配信システム」は、IPカメラを利用し、授業収録・配信を自動で行うシステム。

ArgosView 授業配信システム

「ArgosView 授業配信システム Enterprise」では、大学・大学院・専門学校などでの利用を想定し、20教室から100教室規模の授業に対応。

複数サーバを統合的にスケジュール管理

全教室の収録スケジュールを一元管理できるため、多教室でも簡単に利用できる。

スケジュールを一元管理

また、FTP、SCPのファイル転送方式に標準対応しており、既に学内へ導入されている配信サーバと連携が可能。

VIOでは、2015年度末までに5億円の売り上げを目標としている。

概要

発売日:2014年3月1日
価格:
収録/変換サーバライセンス+センターサーバライセンス
40教室利用の場合 763万円(税抜)~
80教室利用の場合 1375万円(税抜)~
※IPカメラ、サーバなどハードウェアは別途必要

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス