1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 武雄市/「官民一体型学校」の実施校を武内小・東川登小に決定

2014年11月10日

武雄市/「官民一体型学校」の実施校を武内小・東川登小に決定

武雄市は6日、学習塾などを運営する花まる学習会と連携して開設する「官民一体型学校」の実施校を、市立武内小学校と市立東川登小学校に決定し、来年4月から開校すると発表した。

実施校2校、準備校3校が決定

また、市立朝日小学校、市立橘小学校、市立若木小学校の3校を準備校に指定。準備校では2016年度4月の開校を予定している。

今回選考から漏れた学校についても、学校側の準備が整い次第、追加で指定をしていく予定だという。

武雄市教育委員会では「指定校、準備校の5校については学校と地域とが一体となり、創設に向けての推進体制を進められており、ある程度の準備はクリアされていると判断した。その中でも指定校の2校については、学校や地域住民の取り組みへの意識が高く、今回決定する要因となった」と、選考の理由を発表している。

関連URL

武雄市

KDDIまとめてオフィス タブレットの運用が不安 KDDIグループに全部お任せ!
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ロボットとならはずかしくない!間違えたって英語で話そう!英会話ロボットはチャーピー Charpy
教育ICT 大規模導入!in 熊本市 NTT DOCOMO
早期お申込がおトク!2019年新人・新卒者研修 春の先得キャンペーン KENスクール 法人研修サービス
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • 先生!eラーニングでお悩みですか? Matrox
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス