1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 武雄市/「官民一体型学校」の実施校を武内小・東川登小に決定

2014年11月10日

武雄市/「官民一体型学校」の実施校を武内小・東川登小に決定

武雄市は6日、学習塾などを運営する花まる学習会と連携して開設する「官民一体型学校」の実施校を、市立武内小学校と市立東川登小学校に決定し、来年4月から開校すると発表した。

実施校2校、準備校3校が決定

また、市立朝日小学校、市立橘小学校、市立若木小学校の3校を準備校に指定。準備校では2016年度4月の開校を予定している。

今回選考から漏れた学校についても、学校側の準備が整い次第、追加で指定をしていく予定だという。

武雄市教育委員会では「指定校、準備校の5校については学校と地域とが一体となり、創設に向けての推進体制を進められており、ある程度の準備はクリアされていると判断した。その中でも指定校の2校については、学校や地域住民の取り組みへの意識が高く、今回決定する要因となった」と、選考の理由を発表している。

関連URL

武雄市

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 先生方にもテレワークを! 狭山市導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • RICHO 戸田市 STEAM教育実践オンラインセミナー 2022年2月21日 ご登録はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス