1. トップ
  2. データ・資料
  3. 子どもネット研/ネットの利用機器、青少年ではスマホが8割越

2015年3月4日

子どもネット研/ネットの利用機器、青少年ではスマホが8割越

子どもたちのインターネット利用について考える研究会(子どもネット研)は2日、「オンラインコミュニケーション利用実態調査」の結果をWebで公開した。

それによると、オンラインコミュニケーションでやりとりする相手は、保護者、青少年ともに、「家族」や「友達」など親しい相手との利用が主となった。利用頻度については、「一日複数回、友達と連絡をとる」保護者が18.6%にとどまる一方、青少年では46%と、二倍以上の開きがでた。

「1回の会話でやりとりする相手の数」については、「すべて顔見知りの相手10人以上」とやりとりをしたことがある保護者は31%だった一方、青少年では67.9%とこちらも二倍以上となり、オンラインコミュニケーションの利用実態が保護者と青少年で大きく異なることが定量的に裏付けられるものとなった。

また、オンラインコミュニケーションで利用する機器は、保護者ではPC(93.8%)、青少年ではスマートフォン(85.7%)がそれぞれ最多となった。利用しているソフト・アプリについて、「メール」は保護者96%、青少年92.2%とほとんど差はない結果となった。「メッセンジャー」は保護者65%、青少年92.8%と30ポイント近く差があることが分かった。

調査概要

実施期間:2014年9月19日~2014年9月22日
調査対象:第一子に高校生・大学生の子どもをもち、オンラインでコミュニケーションをとっている保護者/オンラインでコミュニケーションをとっている高校生・大学生
有効回答数:1106件(保護者 554件、青少年 552件)
調査方法:ウェブアンケート方式

関連URL

調査結果「オンラインコミュニケーション利用実態調査結果レポート」(PDF)

問い合わせ先

子どもネット研

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使うパソコンのセキュリティ対策は? できてない! バッチリです Yubi Plus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス