1. トップ
  2. データ・資料
  3. 子どもネット研/ネットの利用機器、青少年ではスマホが8割越

2015年3月4日

子どもネット研/ネットの利用機器、青少年ではスマホが8割越

子どもたちのインターネット利用について考える研究会(子どもネット研)は2日、「オンラインコミュニケーション利用実態調査」の結果をWebで公開した。

それによると、オンラインコミュニケーションでやりとりする相手は、保護者、青少年ともに、「家族」や「友達」など親しい相手との利用が主となった。利用頻度については、「一日複数回、友達と連絡をとる」保護者が18.6%にとどまる一方、青少年では46%と、二倍以上の開きがでた。

「1回の会話でやりとりする相手の数」については、「すべて顔見知りの相手10人以上」とやりとりをしたことがある保護者は31%だった一方、青少年では67.9%とこちらも二倍以上となり、オンラインコミュニケーションの利用実態が保護者と青少年で大きく異なることが定量的に裏付けられるものとなった。

また、オンラインコミュニケーションで利用する機器は、保護者ではPC(93.8%)、青少年ではスマートフォン(85.7%)がそれぞれ最多となった。利用しているソフト・アプリについて、「メール」は保護者96%、青少年92.2%とほとんど差はない結果となった。「メッセンジャー」は保護者65%、青少年92.8%と30ポイント近く差があることが分かった。

調査概要

実施期間:2014年9月19日~2014年9月22日
調査対象:第一子に高校生・大学生の子どもをもち、オンラインでコミュニケーションをとっている保護者/オンラインでコミュニケーションをとっている高校生・大学生
有効回答数:1106件(保護者 554件、青少年 552件)
調査方法:ウェブアンケート方式

関連URL

調査結果「オンラインコミュニケーション利用実態調査結果レポート」(PDF)

問い合わせ先

子どもネット研

KDDIまとめてオフィス タブレットの運用が不安 KDDIグループに全部お任せ!
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
チャーピーと自宅で毎日英会話! English Every Day! Charpy
教育ICT 大規模導入!in 熊本市 NTT DOCOMO
早期お申込がおトク!2019年新人・新卒者研修 春の先得キャンペーン KENスクール 法人研修サービス
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • 先生!eラーニングでお悩みですか? Matrox
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス