1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 英単語などを撮影するだけで意味がわかるワードリーダー「イミシル」

2016年3月24日

英単語などを撮影するだけで意味がわかるワードリーダー「イミシル」

キングジムは、英語や中国語、韓国語の知りたい単語を撮影するだけで意味がわかるワードリーダー「イミシル」を4月22日に発売する。価格は1万2000円(税別)。

【KINGJIM製品画像】イミシル

ワードリーダー「イミシル」

「イミシル」は、撮影した単語を文字認識機能(OCR)によって自動で認識し、搭載している辞書データから単語の意味を検索することができる。辞書は、英和・和英辞典、中日・日中事典、韓日・日韓事典など9つの辞書を搭載。

また、ネットワークへの接続が不要なため、通信費の負担や通信環境を考えずに利用することができる。

乾電池で駆動しており、単4形アルカリ乾電池2本で約12日~15日間の使用が可能だという。

関連URL

イミシル

KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
チャーピーと自宅で毎日英会話! English Every Day! Charpy
教育ICT 大規模導入!in 熊本市 NTT DOCOMO
早期お申込がおトク!2019年新人・新卒者研修 春の先得キャンペーン KENスクール 法人研修サービス
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • 先生!eラーニングでお悩みですか? Matrox
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス