1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 英単語などを撮影するだけで意味がわかるワードリーダー「イミシル」

2016年3月24日

英単語などを撮影するだけで意味がわかるワードリーダー「イミシル」

キングジムは、英語や中国語、韓国語の知りたい単語を撮影するだけで意味がわかるワードリーダー「イミシル」を4月22日に発売する。価格は1万2000円(税別)。

【KINGJIM製品画像】イミシル

ワードリーダー「イミシル」

「イミシル」は、撮影した単語を文字認識機能(OCR)によって自動で認識し、搭載している辞書データから単語の意味を検索することができる。辞書は、英和・和英辞典、中日・日中事典、韓日・日韓事典など9つの辞書を搭載。

また、ネットワークへの接続が不要なため、通信費の負担や通信環境を考えずに利用することができる。

乾電池で駆動しており、単4形アルカリ乾電池2本で約12日~15日間の使用が可能だという。

関連URL

イミシル

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス