1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 西条市がICT活用で学力テスト5.3ポイント増、校務は96.2時間短縮

2016年5月12日

西条市がICT活用で学力テスト5.3ポイント増、校務は96.2時間短縮

愛媛県西条市は11日、西条市立神戸小学校をモデル校に取り組んできたICT教育の取り組みに関する成果を、「小中学校ICT教育推進事業報告書」としてまとめ、市のホームページで公開した。

出典:西条市

出典:西条市

西条市は、2013年、日本経済団体連合会による「未来都市モデルプロジェクト」の実証地域に選定されたことをきっかけに、神戸小学校をモデル校としてICT環境を整備し、実証実験を開始した。

2013年度、2014年度は、電子黒板、校務支援システム、ICT支援員を利活用した2年間の実証実験を実施。一定の成果が確認できたことから、全校での展開を決定している。

2015年度からは、タブレット端末40台を導入し、21世紀型スキルの習得、学び合い時におけるICTの有用性について検証を進めてきた。

「小中学校ICT教育推進事業報告書」では、西条市が年1回実施している標準学力テストの結果(国語・算数)を、ICT教育実施前の2012年と実施2年目となる2014年で比較。

実施前の2012年と比べ、2014年の結果は、「考え方」の項目で1.1ポイント増、「表現処理」で2.9ポイント増、「知識理解」で3.7ポイント増、総合値では5.3ポイントの上昇となった。

また、校務の効率化についても、一人当たり年間で96.2時間もの校務にかかる時間の短縮が図られた。さらに、校務支援システムの活用で子どもたちと向き合う時間が増えたか、教員に質問をしたところ、「増えた」という教員が24%、「どちらかといえば増えた」が62%に上った。

報告書では、そのほかに実践例などを紹介している。

関連URL

小中学校ICT教育推進事業報告書(PDF)

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス