1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 佐賀県教委、学校教育ネットワークの情報漏えい“脆弱性あった”

2016年9月9日

佐賀県教委、学校教育ネットワークの情報漏えい“脆弱性あった”

佐賀県教育委員会は2日、8月16日に開催した「第1回佐賀県学校教育ネットワークセキュリティ対策検討委員会」の議事要旨をWebに公開した。

それによると、学校教育ネットワークシステムの脆弱性について、委員から「教育情報システムSEI-Netの学習管理機能でのメッセージ送信画面において、サーバから処理に必要ではない情報が送信されたり、不正な権限昇格のチェックがなされていなかった等の脆弱性があった。構築時の脆弱性診断等が十分ではなかったと思われる」等の意見が挙がった。

パスワード設定・管理については、「高校生等の年齢ならば一部の先生よりICTに関する知識があると思ったほうがいい。そういったところの認識を考える必要がある」「Admin(管理者)のパスワードの管理の仕方に問題がある」等の意見があった。

また、危機管理体制等について、情報共有ができていないといった点や、組織としての体制や機能する仕組み作りが必要だという意見があったほか、フィッシング画面を作成してのIDの不正取得事案についておかしいと気づくことが必要で、セキュリティ訓練が必要だという声があったとしている。

問い合わせ先

教育委員会事務局 教育総務課
kyouiku-soumu@pref.saga.lg.jp

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス