1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Too がMDM運用支援サービスを開始

2017年1月11日

Too がMDM運用支援サービスを開始

Tooは11日、MDM運用支援サービス「あんしんMDM運用」の提供を開始した。

「あんしんMDM運用」は、大量のモバイル端末の管理を行うツールMDM(Mobile Device Management)を新規で導入する、または既に導入している教育・企業ユーザーを対象とした、MDMの運用支援サービス。

同サービスでは、Tooの技術スタッフが、プロファイル作成やアプリ登録、MDMコマンドの実行やメーカーへのエスカレーションの代行、モニタリングなどを行う。

また、MDM操作に関するトラブルの受付窓口もTooが用意するほか、オプションでMac特有の管理機能について対応を行う。

現在は、TooのApple製品の管理に特化したMDM製品「Jamf Pro」が同サービスの対象となっている。

サービスの利用料は年間で28万8000円(税別)。最低利用期間は1年間となっている。

関連URL

Too あんしんMDM運用

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 主催:関西学院高等部、Classi(株) 探求学習×ICTカンファレンス2020 ICTでより深める探求学習のデザイン 開催日2.24(月・祝)
FREE! 2020年3月26日(水) 教育委員会・教員向け Google for Education Chromebookの利用開始と学習環境構築 ハンズオンセミナー SCHOOL INNOVATION SEMINAR in TOKYO 会場:東京都品川区 大井町駅 5分 お申込みはこちら
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス