1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 賢明学院がタブレット・スマホ配信ツールに「Handbook」採用

2017年2月15日

賢明学院がタブレット・スマホ配信ツールに「Handbook」採用

インフォテリアは14日、賢明学院が全中高生のWindows 10タブレット・生徒個人のスマートフォンへの配信ツールとして「Handbook(ハンドブック)」を採用したことを発表した。

配信されるコンテンツのイメージ

配信されるコンテンツのイメージ

賢明学院が運営する賢明学院中学高校では、現場教員が様々な学校業務で多忙を極めるなかでも、効果的に生徒たちの学習理解度を上げるために動画を取り入れているが、簡単に動画制作できる仕組みに加え、制作した動画コンテンツの活用促進のため、「Handbook」を動画配信ツールとして採用したという。

現在、高校数学、物理、英語の復習動画を中心に約250個の動画を配信しており、今後は社会・家庭科・体育などの科目、そして中学生の5教科も動画配信を実施する予定という。

また、クラブ活動にも活用の幅が広がり、サッカー部では試合のプレイ映像を配信して選手同士で研究したり、受験生に向けて中学入試模擬試験の解説を配信するなど、授業の復習以外の目的でも活用が進んでいる。

動画配信で生徒が個々に復習できる環境が整備されたことで、生徒からの同じ質問に何度も個別対応しなくてもよくなり、対面ではより高度な質問にじっくり時間をかけて対応することができるようになるなどの効果も出ているという。

今後はアクティブ・ラーニングを推進するためにも、「Handbook」をより幅広い領域で活用する計画という。例えば、課題を動画化し反転学習として「Handbook」上で事前に配信。同時に解説も動画を作成し授業後に配信することで、授業中のディスカッションに十分な時間をとることができ、充実した思考時間を確保し授業の効率性と精度をより一層高める方針だという。

関連URL

Handbook

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス