1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. タブレットを使った「漢検CBT」会場が全国47都道府県に拡大

2017年6月28日

タブレットを使った「漢検CBT」会場が全国47都道府県に拡大

日本漢字能力検定協会は「日本漢字能力検定CBT」の志願者数の増加を受け、7月から受検会場を全国47都道府県67会場に拡大する。

00CBT(Computer Based Testing)は、指定会場のコンピューターを使用し「漢検」を受検するシステム。

「漢検CBT」では、タブレットと専用のペンやキーボードを使って、コンピューター上に表示される問題に解答する。従来の答案用紙に筆記する「漢検 (漢検PBT)」は年3回実施しているが、「漢検CBT」は毎日開催することができ、1日最大4回開催する会場もあるという。検定結果は「漢検PBT」より約1カ月早く、検定後約10日で郵送される。なお、検定料や合格して得られる資格はどちらも同じ。

「漢検CBT」の志願者数は年々増加しており、受検者の約8割を中高生と就活生世代 (13~22歳) が占め、タブレットやキーボード操作に慣れている若い世代から、利便性の高い資格の取得方法として注目されている。2015年に同協会が行ったアンケートでは、「漢検CBT」の魅力として「受けたい時に受検できる」「検定日時を自分で選べる」「結果が早い」などの回答が上位を占めたという。

同協会では、今年10月には全国150会場の設置を計画しており、これによって昨年度の4倍を超える受検会場数となる予定。2017年度の「漢検CBT」の志願者は3万人まで増加すると予測している。

Connected Ink 2019 「デジタル」なインクと文具で、教育を考える 参加費無料 11.27 wed ANAインターコンチネンタルホテル東京 詳細および登録はこちら wacom
iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi連携サービス 英語4技能 探求学習 プログラミング 他多数 Classi IDで利用可! まずはトライアル
参加者募集 タミヤロボットスクール フランチャイズ教室加盟相談会 東京10月7日・21日/大阪10月16日(水)

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス