1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 教育同人社、「特別支援教育向けアプリ」第3弾をリリース

2017年7月27日

教育同人社、「特別支援教育向けアプリ」第3弾をリリース

教育同人社は26日、発達に遅れや偏りのある子どもたちの学力の基礎・基盤づくりを支援する特別支援教育向けアプリ「学習サポートシリーズ」の第3弾として、「数のマッチング」「数列」「数の概念や大きさ」に関する判定・トレーニングができる「すうじにタッチ!」をリリースした。

0727-su
「学習サポートシリーズ」は、発達に遅れや偏りのある子どもたちの状況を把握し、学習の基盤となる「目と手の協応」や「かたち」「すうじ」の認識など、安定して学習に取り組むための基礎的な能力を判定し、トレーニングするためのアプリ。

このシリーズのアプリは、学校でも自宅でも簡単に利用できるようタブレット専用アプリとして企画・開発し、iOS版とWindows版を提供。また学校と自宅で使うタブレットが異なっても同一の操作性が実現できるように開発されている。

シリーズ第1弾の「ふりこにタッチ!」(2017年3月末リリース)、第2弾の「かたちにタッチ!」(2017年6月上旬リリース)に続き、今回、第3弾として「すうじにタッチ!」をリリース。

「すうじにタッチ!」は、指先で数を選択したり、数字を並べ替えたりすることで、「数のマッチング」「数列」「数の概念や大きさ」に関する判定・トレーニングができる。合計12ステージで構成され、ステージごとの分析ができるので、児童の苦手な部分を集中的にトレーニングできる。

iOS版の販売価格は360円(App Storeで販売)。動作環境はiOS8以降を搭載したiPad、     画面サイズ8インチ以上。

Windows版(学校ライセンス版)はオープン価格(ROMパッケージ)。動作環境はタッチパネル機能付き,Windows8.1、またはWindows10搭載機、画面サイズ8インチ以上。

関連URL

すうじにタッチ!

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス