1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 【本のプレゼント】小学校の「プログラミング授業」実況中継

2017年8月4日

【本のプレゼント】小学校の「プログラミング授業」実況中継

プレゼントの応募は締め切りました。
技術評論社の提供で、小学校のプログラミング授業の様子を実況中継したムック体裁の書籍『小学校の「プログラミング授業」実況中継 [教科別]2020 年から必修のプログラミング教育はこうなる』を読者5名にプレゼントします。

応募方法

応募資格:ICT教育ニュースのメールマガジン登録者ならだれでも可
応募方法:メールのタイトルに「小学校のプログラミング授業」と記入して、メールマガジンに登録しているメールアドレスから下記メールアドレスに送付する。
*応募メールに、住所や電話番号は記入しないでください。
送付先メールアドレス: present@ict-enews.net
応募締切:2017年8月13日23時59分
当選発表:当選者の応募メールアドレス宛に当選の連絡をする。

メルマガ未登録の方は、まずこちらで登録を。
□メールマガジン登録

書籍の紹介

Amazonの解説

『小学校の「プログラミング授業」実況中継 [教科別]2020 年から必修のプログラミング教育はこうなる』は、BS フジで2017年1 月に放映された番組「be プログラミング2 ~2020 年大予測!小学校の授業はこうなる!?~」をもとに書籍化したもの。

公立小学校におけるプログラミング教育を最前線で行っている現職・元校長が執筆・監修し、国語、社会、算数、理科、体育、図工・音楽、総合、英語の各科目でプログラミングを取り入れた授業を「実況中継」している。実際に授業で使える各科目指導案も掲載。

番組「be プログラミング2」でも校長役を務めた小金井市立前原小学校の松田孝校長による、プログラミング教育の狙いや学校現場でプログラミングを取り入れた授業を行うために必要なICT 環境やプログラミングツールの解説も収録している。

関連記事

<be プログラミング セミナー>
松田 vs 平井 vs 参加者 プログラミング「夏の緊急職員会議」12日開催

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス